Home » Shintenohkissa nyuumon masuraogasanomiti by Yamanaka Naoki
Shintenohkissa nyuumon masuraogasanomiti Yamanaka Naoki

Shintenohkissa nyuumon masuraogasanomiti

Yamanaka Naoki

Published March 8th 2010
ISBN :
Kindle Edition
139 pages
Enter the sum

 About the Book 

益荒男(男性)に、もっと茶の湯に注目と親しみを持って現代的意味や役割、実際を知ってもらうための入門書。第一部は茶の湯のハウツーを裏千家流茶道の初歩から実際を解説する。まず、点前道具の説明と取り扱い方を知る。次に、立ち居と振る舞いを客の心得と作法を含めて学ぶ。主人と客人が向い合い、親しく会話しながらの、あまり紹介されないが著者が大切にする「流し点前」をワビ・サビの茶の湯の最高と位置づけて習う。第二部は、著者のの先祖で幕末明治の志士で文人・山中信天翁の行き方を継ぐ信天翁喫茶の由来から始める。More益荒男(男性)に、もっと茶の湯に注目と親しみを持って現代的意味や役割、実際を知ってもらうための入門書。第一部は茶の湯のハウツーを裏千家流茶道の初歩から実際を解説する。まず、点前道具の説明と取り扱い方を知る。次に、立ち居と振る舞いを客の心得と作法を含めて学ぶ。主人と客人が向い合い、親しく会話しながらの、あまり紹介されないが著者が大切にする「流し点前」をワビ・サビの茶の湯の最高と位置づけて習う。第二部は、著者のの先祖で幕末明治の志士で文人・山中信天翁の行き方を継ぐ信天翁喫茶の由来から始める。今日的な日常茶飯に生きた生活文化としての意味と役割を知る。ワビ・サビの茶の湯の解説、信天翁喫茶のレトロ・モダン的喫茶の歴史と現代的ニードたる自活力ある生き方の意味、創意工夫を学び、その実践例を紹介する。信天翁喫茶がキーとするは、「正直で慎み深く、足らざるに満足して行動するが、雅趣・雅致の心ある生き方」を求めて上下貴賤のない「ゆるやかな心の絆・連帯」の人間関係を築いて「平和」と「レトロモダンと限界を設けないマージナルな文化を求める」と「俯瞰思考」を日常茶飯・行往坐臥な心として、自活力ある生き方